撮影ができるか聞く

結婚式の記録を残す注意点

男女

結婚式でビデオ撮影をされる方への注意点があります。当日新郎新婦に変わり、素敵な結婚式の1日をビデオ撮影をして思いでを残してあげたいという親族の方や友人の方もたくさんいらっしゃいます。挙式では、撮影不可や、撮影の指定などある式場がありますので、先に聞いてみるのをおすすめします。また、披露宴では、イベント盛りだくさんの進行でご飯を頂く暇もないと思いますので、料理はあまり楽しめないと思っていた方がよいでしょう。また、ゲストの方からのメッセージ収録についてですが、やはり身近な方々から収録をしてしまいがちですが、そうすると片方に集中してしまいます。結婚式では、メッセージを撮れるところは限られておりますので新郎側・新婦側ある程度均等にして撮影してみるのもよいでしょう。

撮影が一味かわるくふうとは

最近では、携帯や一眼レフなどの機材を使い撮影している方も増えてきております。工夫次第ですごく素敵な映像を撮ることができます。また、記録として残すのであれば、あまりカメラを動かさず三脚などに固定して撮った方がよいでしょう。そのため、シーンを考えて撮影の仕方を変える方がよりよい映像になります。例えば、スピーチであれば、スピーチをしている方が動く事が少ないために、三脚で固定して撮った方がきれいでしょう。逆にケーキ入刀などは、新郎新婦も動きますし、ゲストも写真を撮るのに必死なため、三脚にポジションが悪ければ、かぶってしまうこともありますので、ハンディで撮影したほうが対処がききます。結婚式のプロカメラマンは、そのシーンのことを把握しております。